総合型選抜・学校推薦型選抜

総合型選抜とは

専願の試験となります。ムサビで学びたい学科が決まっている、定められた時間内に作品をつくるような従来の入試が苦手だけど、ものづくりに対する熱意は誰にも負けない!そういった受験生におすすめしている選抜方式です。

出願
Webから出願し、必要書類を送付します。
学科によってはポートフォリオの提出が必要になります。
[前期]の出願時期は例年9月下旬から10月初旬、
[後期]は11月下旬から12月初旬です。
第1次
選考
出願時に提出してもらった書類・ポートフォリオによる審査です。
第一選考通過者の発表は例年10月下旬です。
[後期]は一次選考はありません。
第2次
選考
第1次選考に通過した受験者は、鷹の台キャンパスで面接の試験を受けてもらいます。学科によっては作品審査や実技の試験もあります。
[前期]は例年11月初旬、[後期]は12月中旬に実施されます。
合格
発表
合格発表は、[前期]が例年11月中旬、[後期]は12月下旬です。
学校推薦型選抜とは

出身(在籍)学校長の推薦を得て、ムサビを専願とする受験者向けの選抜方式です。
出願から合格発表までのスケジュールは、総合型選抜[後期]と同様です。

一般選抜

一般選抜とは

造形学部、造形構想学部のほとんどが、国語・外国語による学力試験に加え、デッサンなどの専門試験とよばれる実技試験の評価の合計点で合否が決まる方式です。
また、2021年度試験から導入される大学共通テストの指定された科目の点数を学力試験の点数に読み替えた方式や、実技試験を伴わない方式など、ムサビの入試方式も様々です。

● 造形学部

一般方式、共通テスト2教科+専門試験方式、共通テスト3教科方式があり、さまざまな組み合わせでの併願が可能です。

一般方式
ムサビ独自の出題による国語・外国語試験と、それぞれの学科の特色に応じた専門試験を組み合わせて受験します。
共通テスト2教科+専門試験方式
大学共通テストと、ムサビでの専門試験を組み合わせた選抜方式です。ほとんどの学科で科目を幅広く選択でき、得意科目を生かせます。専門試験は一般方式とほぼ共通なので、併願しやすくなっています。
共通テスト3教科方式
学力
のみ
大学共通テストの指定科目のみで受験できる選抜方式です。4つの学科(建築学科、基礎デザイン学科、芸術文化学科、デザイン情報学科)で実施しています。
● 造形構想学部

従来の美大受験や、文系・理系にとらわれないさまざまな選抜方式を設けています。

学部統一方式
学力
のみ
一度の試験で2学科を併願できるほか、一般方式との併願もできます。
一般方式
学科独自の試験で合否を判定する試験です。
共通テストを利用する方式
大学共通テストの成績や学科独自の試験などで合否を判定する選抜方式です。
※ 映像学科は共通テスト(2教科)に加え専門実技試験を課した方式を実施しています。
※ クリエイティブイノベーション学科のみ5教科方式を実施しています。
学力
のみ
国語・外国語などの学力試験のみで受験ができます。その他の入試方式でも、試験の科目選択によって学力のみで受験ができる学科があります。
出願
Webから出願し、必要書類を送付します。出願時期は例年1月初旬です。
共通テスト
共通テスト2教科+専門試験方式、共通テスト3教科方式、共通テスト5教科方式の受験者は、成績請求票を必要書類とともに大学へ送付します。
学科試験
鷹の台キャンパスで国語、外国語の試験を受けてもらいます。
例年2月初旬に実施されます。
実技試験
鷹の台キャンパスで、それぞれの学科の専門試験を受けてもらいます。
例年2月初旬から中旬に実施されます。
合格発表
合格発表は、例年2月下旬です。