GAKUSEI No.007
入学年度
2018
学科・専攻
視覚伝達デザイン学科
CATEGORY
  • 1人暮らし
  • 推薦入学
  • 学力のみ入学
  • 留学生
  • アート系
  • デザイン系
出身地
埼玉県
出身高校/学科
埼玉県立草加高等学校
出身予備校
トーリン美術予備校 秋葉原校
予備校に通い始めたタイミング
入試1年前以上2年前未満
現在の暮らし(家賃)
1人暮らし(3〜5万円)
通学方法
徒歩
通学時間
15分以内
アルバイト
週1日〜週3日+短期バイト
高校3年生の時と大学1年生の時の
1日の流れの変化
自分の学科のいいところ
自分が学びたい、やりたいと思った事をとことん追求できる環境が整っているところが良いと思います。教授や周りの友人と良い影響を与え合って成長していける学科です。基本的に自由なので自分の中の「好き」を大切に出来ると思います。まだ自分が何を好きなのか、何をしたいのかが定まっていない人でも、自分と向き合う時間やタイミングをたくさん与えてもらえるので大丈夫ですよ。
大学生になって変わったこと
デザインを使う側から作る側に変化しつつあります。大学生になるまでは何の違和感もなく既に形になっているものを見て、使って生活してきたのですが、大学に入って様々な人の話や考えを聞き、色々な学びを得るたびに、自分が今まで見えていなかった「その形になるまでの過程」の奥深さや面白さに気付きました。
あとは自分の周りの世界がグッと広くなったような気がします。
美大受験で悩んだこと
このまま美術予備校で学んでいて本当に合格出来るのか、と悩みました。毎日漠然とした不安がありましたし、意味もなく点数予想をして合格点に達するか計算していました。ですがそこは割り切って、とにかく本番で確実に点数が取れるようにするには何をしたら良いかを考え続けました。ちなみに私は点数変動が少ない学科を完璧にして、実技試験を受けるときのメンタルを安定させることに努めました。
志望校を決める時に重視したこと
志望校を決める際には学校の雰囲気、土地の雰囲気を重視しました。自分がやりたい事ができる学科があるのかもポイントだと思います。といっても実際大学生になる前は私自身まだ何をやりたいのかがはっきりしておらず、色々なことに興味があったので、なんとなく方向性が合いそうな大学、学科を選びました。
受験生にひとこと
まだどの学校/学科を目指そうか悩んでいる人は、ここなら自分のやりたい事が出来るか?自分の力を伸ばせるか?好きを追求できるか?などなど、たくさん考えてみてください!
もう1年頑張ってる人たちは、去年とは違った状況で混乱していると思います。でも出来ることはたくさんあります。思考を繰り返して積み重ねた実技の練習や学科の勉強はきっとあなたの為になります。頑張ってください。応援しています!