GAKUSEI No.008
入学年度
2017
学科・専攻
空間演出デザイン学科 インテリアデザインコース
CATEGORY
  • 1人暮らし
  • 推薦入学
  • 学力のみ入学
  • 留学生
  • アート系
  • デザイン系
出身地
熊本県
出身高校/学科
熊本県立第二高等学校 美術科
出身予備校
渋谷美術学院
予備校に通い始めたタイミング
入試半年以上1年前未満
現在の暮らし(家賃)
1人暮らし(3〜5万円)
通学方法
徒歩
通学時間
15〜30分
アルバイト
週1日〜週3日
高校3年生の時と大学1年生の時の
1日の流れの変化
自分の学科のいいところ
最初から専攻分野が決まっていない点が魅力です。
空間演出デザイン学科にはファッション、インテリア、舞台美術、環境計画の4つの専攻があり、最初から専門分野に分かれるのではなく2年生までに全ての専攻を学び、より学びを深めたい専攻を3年次から選択していきます。違う分野を学ぶことで視野や表現の幅が広がります。
さらに業界の最前線で活躍する先生や個性の強い同期がいるのも魅力的で新鮮です。
大学生になって変わったこと
高校時代より自主的に行動することが増えました。
大学は授業を自分で選択したり、制作課題に力を注いだり、手を抜いたりと、全ては自分次第で変わる環境です。教授の仕事内容に興味を持てば、自分からアポ取りをし、アシスタントとして業界に携わる機会をいただいたり、そこから繋がる縁で新たなデザインの仕事をいただきました。
このように学内外問わず学びの姿勢を保ち自主的に行動するようになりました。
美大受験で悩んだこと
特に悩んだ記憶がないのですが、強いていうと両親の美大に対する理解度の低さでした。
高校一年生から『美大に進学したい』という強い意志があったので進学には賛成していてくれたものの、両親は絵を描くだけの大学と勘違いました。なので志望学科で行う内容の説明と理解までに時間がかかった点に頭を抱えました。
志望校を決める時に重視したこと
・ネームバリュー…せっかく4年間も過ごすなら有名な大学に行きたかったため。
・やりたいことができるか…空間デザインにもともと興味があったため今の学部にいます。
・学生や大学環境の雰囲気…地方在住でOCになかなか参加できなかったため、ネットでムサビだけでなく他の美大情報も集め、比較し雰囲気や授業内容を吟味しました。
受験生にひとこと
外出自粛期間で不安な日々が続き、気持ちが沈むこともあるかもしれませんが、お互い自分の場で精一杯頑張りましょう!