GAKUSEI No.021
入学年度
2019
学科・専攻
視覚伝達デザイン学科
CATEGORY
  • 1人暮らし
  • 推薦入学
  • 学力のみ入学
  • 留学生
  • アート系
  • デザイン系
出身地
台湾
出身高校/学科
新北市立樹林高等学校
出身予備校
御茶ノ水美術学院
予備校に通い始めたタイミング
入試半年以上1年前未満
現在の暮らし(家賃)
1人暮らし
通学方法
電車
通学時間
30分〜1時間
アルバイト
していない
高校3年生の時と大学1年生の時の
1日の流れの変化
自分の学科のいいところ
視覚伝達デザイン学科に対して、とても自由な印象を受けます。自分のセンスや個性を生かせる学科だと思います。自分の趣味や観点を語り合える人がたくさんいる環境なので、素敵な学科だと思います。
大学生になって変わったこと
大学生になって一番変化を感じたことは自由度です。
高校が普通科だったので、ひたすら学科の勉強してました。
自由度が大きくなったので、自分と向き合う時間もたくさん得ることができてよかったなと思います。
美大受験で悩んだこと
美術系大学がたくさんある中で、自分に合う学科がどう選んだら良いか、どう準備したら良いかすごく悩んでました。予備校の先生に相談したり、色々な方からアドバイスをもらったり、不安を抱えてながら受験期の日々を送っていました。
志望校を決める時に重視したこと
自分は最初から視覚伝達デザイン学科で勉強をしたかったです。日本の美術系大学に視覚伝達デザイン学科が設立してある学校を調べていました。その結果、武蔵野美術大学にある事を知り、受験することにしました。そのほか、学校の環境、設備や校風なども重視して志望校を決めました。
受験生にひとこと
受験期に辛い思いをするかもしれないが、初心を忘れずに受験を頑張ってください!