GAKUSEI No.022
入学年度
2017
学科・専攻
油絵学科 油絵専攻
CATEGORY
  • 1人暮らし
  • 推薦入学
  • 学力のみ入学
  • 留学生
  • アート系
  • デザイン系
出身地
マレーシア
出身高校/学科
韩江中学 高等部
出身予備校
すいどーばた美術学院
予備校に通い始めたタイミング
入試半年前未満
現在の暮らし(家賃)
1人暮らし(3〜5万円)
通学方法
徒歩
通学時間
15分以内
アルバイト
週1日〜週3日
高校3年生の時と大学1年生の時の
1日の流れの変化
自分の学科のいいところ
学生が多いため、いろんな価値観と制作スタイルが見れて、視野が広がるところですね。課題を選択できる授業が多いため、油絵以外の手法にも挑戦できる環境だと思います。自分も授業を通して、アニメーション制作と版画(木版と銅版)について学ぶことができました。
大学生になって変わったこと
一人の人間として成長できたことですかね。これには一人暮らしを始めたことも関係しています。自分の生活とスケジュールの管理を自分でしなければならないので、段々と自分がどんな人間なのかはっきり見えてきます。
絵に関してもそう言えます。何かの基準に合格しなきゃのようなことがないから、思う存分実験したり、自分のこだわりをさらけ出したりできるので、自分の作品や作風についてもより知ることができました。
美大受験で悩んだこと
一人の留学生として、やはり実技試験のことが一番の悩みでした。
「自分の今までの書き方でいいのか?」「日本の先生は自分のセンスを理解してくれるのか?」「どんな作品を見せればいいのか?」などを悩んでいましたね。
志望校を決める時に重視したこと
当時自分はやはりカリキュラム重視ですね。「こっちの方が面白い」「こっちの方がいろいろ学べそうだな!」という考えで選んでいます。あと正直キャンパスの第一印象ですかね?このキャンパスの方がかっこいいとか。
でも今は「学内外問わず、より活動の多い大学」を選んだ方がいいと思います。大学は授業がすべてではなく、たくさんな活動に参加した方が成長につながると思いますね。
受験生にひとこと
ありのままの自分をさらけ出せ!
ムサビには変な人が多いので、君が多少変わっていても完全に許容範囲内さ!
むしろ君が変な人なら絶対ムサビ入った方がいいよ!
受験ではスキルや真面目さは確かに大事だけど、個性ある人・作品ほど価値のあるものはない。